hold me tight

hold me tight

カジュアルシーンで映えるベルトの特徴とパーツ

公式的な場面では素朴で主張が激しくないベルトが好まれていますが、カジュアルシーンにおいては正反対とも言える特徴を兼ね備えたものが多用されます。ベルトに珍しい特徴が確認できたり、カジュアルシーンで映える装飾パーツが惜しげもなく使われているものがしばしばです。腰に巻けば全体の印象が明るくなりますから、オンとオフの切り替えを目的に使用されることもあります。カジュアルな場面で有効なベルトを選択するには、まず特徴を抑えておく必要があります。動物の革が惜しげもなく使われた一品からは独特の風合いが出るので、カジュアルシーンでは重宝すると言っても過言ではありません。珍しい動物の革であるほど、衣装全体の奮起を華美にさせます。
また、金属パーツがふんだんに用いられたベルトを使うことも効果が高いです。光に反射しやすくなるので、公式的な場面で多用されるものとは違った良さが如実に表れます。この特徴が受け入れられる場面だからこそ映えます。

カジュアルなベルトの見分け方

どんなに格好いい服を着ていても、服にそぐわないベルトをつけていると、全体の印象を損ねてしまいます。逆に言えば、安物のパンツでも、いいベルトをつけているとそこそこオシャレに見えるものです。この使い分けができるようになるためには、まずはフォーマルとカジュアルの見分け方を知ることが大事です。といっても、最近は両者の差が曖昧になっているようです。大まかな基準としては、ビジネススーツに合わせることができるかどうかになるでしょう。基本的には、細ければフォーマル、太いものはカジュアルなシチュエーションに向いています。
また、分厚い一枚の皮でできたベルトはカジュアルに適しています。一枚皮でない場合は、両端にステッチが入っています。目立つ色のステッチが入っていたり、太いステッチが入っているものはカジュアル向き。細めのステッチが入っているものはフォーマル向きです。また、ベルトの面が平面ではなく、両端が薄く、中心がふくらんでいるものは、フォーマルな時に着用するといいでしょう。

Favorite

防犯カメラの取り付け

Last update:2017/6/23